人材紹介会社を利用してみて

私は、現在理学療法士をしており、転職も何度が経験があります。転職をする中で、自らホームページ等を検索し求人を探しての転職活動と、人材紹介会社を利用して転職活動の両方を経験しています。両方を経験した中での感想を簡単に綴りたいと思います。
自ら探す中で一番大変だったことは、やはり普段仕事をしながら情報を得ていくということをすべて自分でやらなければならないため、十分に情報を得ることが出来ずに後悔した部分があるということです。特に、ホームページからはわからない職場の雰囲気や実際の仕事内容、残業の有無、さらに院内研修の有無に至ることまではなかなか知ることが難しいと感じました。
その一方で、人材紹介会社を通じることのメリットとしては、その会社を通じて入職した方から、実際の雰囲気やホームページ記載の内容と実務でのズレの誤差を小さくすることが出来ることではないかと思います。さらに、様々な職場を提案していただけるため、給与や休日等を比較する際、比較対象となる職場が当然多くなり、幅広い選択肢を持つことが出来ます。
しかしながら、人材紹介会社も営利を出す必要があるので、当然転職を誘導するようなことも言われていると警戒しながら話を聞く必要があるのではないかと、最近は感じています。私の例ではないのですが、現職場で立て続けに看護師が入職しました。皆さん、人材紹介会社を通じてです。皆さん、口を揃えて言うことが、「紹介会社から聞いていた話と違う」ということでした。具体的には、給与の手当てに関して、実際より高い数字を提示されていたり、実務内容が異なるといったケースでした。おそらく、人事部と紹介会社との間で、食い違いが生じていたのかもしれませんが、紹介会社を利用してもこういったこととが起こるということを知ることが出来ました。これらの経験から、転職活動をする際は、自ら動くにしても、紹介会社を通じるにしても、得た情報に対して常に疑いの目を持ちながら情報を読み込むこと、そして情報を精査する能力が必要であると感じました。必ずしも全て自分の条件に合致することはないので、その中で自分の優先順位に合うところへ転職していくことが重要になります。

産業医への転職

障害者の就職と転職

障害者の就職にはA型就労やB型就労と障害者を打ち明けての就労(大企業2割障害者就労)と障害者を打ち明けないでの就労があります。そのときの面接もありますが、今までで統合失調症になって1回正社員で就労したことがあり、3年くらいでやめてその次の一般就労も経験しました。そのときは臨時職員で10時間勤務だったんですが、あまり体調もよくなく苦労していました。面接で正社員をなぜやめたんだと言われてばかりでヤル気あるのかとかよくひどいクレームを面接の業者に言われてきました。面接も何回も受けても受からないことのほうが多かったので苦労しました。障害者を明かして仕事にはつけない時代でしたから障害者を隠さないといけませんでした。
しかし最近大企業が2割就労で障害者を雇うわないいけないという法律があってその就労を最初ねらうつもりでした。しかし決まって見ればA型就労になり、福祉的就労にとどまっています。2割就労も面接時に障害者手帳のコピーを提出しないといけないらしく障害者手帳が必須になっています。そんな就労があるので少し希望がでてくるかもしれません。
しかし本音はもう働きたくないので生活保護などの法律でどうにもできないのかと思うこともあります。障害者年金がもらえないのでつらい毎日が無職時代もあったんです。
仕送りに頼るしかない時もあまりお金が少なくてつらかったです。1ヶ月12万円で過ごしていました。家賃代が38950円で水道光熱費が12000円くらい終身共済が9780円でその他医療費が5000円くらいかかっていました。携帯もガラケー代7800円でした。そのお金からさらに食費も30000円かかっていましたのであまり洋服についやすお金ができませんでした。ギリギリの毎月のお金だったのでその生活が3年くらい続いたんです。生活保護になると財産などの法律も変わりそうだし、やはり働くしかないと思うようになったんです。面接をA型就労とは違う就労でまたしに行かないといけないようになるとあまりよくないんだと思います。一般の面接でも障害者を明かしていいのでどういった面接になるかわかりません。僕がみた大企業の給与もみたんですが、4時45分に退社と決まっていまして給与もあまり普通の一般就労より変わらないようでした。

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉

必見!転職をスムーズに成功させるコツとは?

転職をする際には、できるならブランクなくスムーズに成功させたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。そのような方におすすめなのは、転職エージェントを活用することです。
エージェントは転職に関するあらゆるサポートを行ってくれます。求人の紹介、履歴書や面接のアドバイス、職場見学や面接の日程調整なども行ってくれる心強い味方なのです。
もし、エージェントを利用せずに1人で転職活動を行った場合、自分で求人を探す手間や時間がかかってしまいます。その点、エージェントに紹介してもらえば、手間や時間などのコストがかからないので効率的に転職活動を行うことができるのです。
また、エージェントは、転職サイトや求人誌には掲載されていない好条件の求人を紹介してくれる場合もあります。転職サイトや求人誌ではわからない職場の内部情報に詳しいので、転職先に不安を感じることは少ないというメリットもあります。
さらに、エージェントは転職に関してのプロになるので、転職活動における相談も気軽に行うことができます。1人では不安な転職活動も、エージェントを利用すれば安心できるでしょう。
エージェントを利用する際には、複数を利用するのがおすすめです。エージェントも人間ですから相性が悪いということもあります。複数のエージェントを利用すればその分、求人の選択肢は広くなりますし、自分に合ったエージェントを見つけることができるでしょう。
優良なエージェントを選ぶコツは、口コミサイトや比較サイトなどでエージェントの評判を比べることです。そうすれば効率的に優良なエージェントを選ぶことができるでしょう。
エージェントを利用すれば、自分で転職活動を行うよりも手間や時間がかからずにスムーズに転職できる可能性は高くなります。しかも、自分の希望条件に合った職場に就くことができる可能性も大きくなるのです。
在職中でなかなか思うように転職活動ができない人、自分だけでは転職活動が不安な人はぜひ、エージェントをうまく活用してみましょう。

医師 転職