人材紹介会社を利用してみて

私は、現在理学療法士をしており、転職も何度が経験があります。転職をする中で、自らホームページ等を検索し求人を探しての転職活動と、人材紹介会社を利用して転職活動の両方を経験しています。両方を経験した中での感想を簡単に綴りたいと思います。
自ら探す中で一番大変だったことは、やはり普段仕事をしながら情報を得ていくということをすべて自分でやらなければならないため、十分に情報を得ることが出来ずに後悔した部分があるということです。特に、ホームページからはわからない職場の雰囲気や実際の仕事内容、残業の有無、さらに院内研修の有無に至ることまではなかなか知ることが難しいと感じました。
その一方で、人材紹介会社を通じることのメリットとしては、その会社を通じて入職した方から、実際の雰囲気やホームページ記載の内容と実務でのズレの誤差を小さくすることが出来ることではないかと思います。さらに、様々な職場を提案していただけるため、給与や休日等を比較する際、比較対象となる職場が当然多くなり、幅広い選択肢を持つことが出来ます。
しかしながら、人材紹介会社も営利を出す必要があるので、当然転職を誘導するようなことも言われていると警戒しながら話を聞く必要があるのではないかと、最近は感じています。私の例ではないのですが、現職場で立て続けに看護師が入職しました。皆さん、人材紹介会社を通じてです。皆さん、口を揃えて言うことが、「紹介会社から聞いていた話と違う」ということでした。具体的には、給与の手当てに関して、実際より高い数字を提示されていたり、実務内容が異なるといったケースでした。おそらく、人事部と紹介会社との間で、食い違いが生じていたのかもしれませんが、紹介会社を利用してもこういったこととが起こるということを知ることが出来ました。これらの経験から、転職活動をする際は、自ら動くにしても、紹介会社を通じるにしても、得た情報に対して常に疑いの目を持ちながら情報を読み込むこと、そして情報を精査する能力が必要であると感じました。必ずしも全て自分の条件に合致することはないので、その中で自分の優先順位に合うところへ転職していくことが重要になります。

産業医への転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です