骨格スタイル

「骨格スタイル}

昔は似合っていた服が最近に合わなくなってきた・・・流行の服をせっかく買ったのに、なんだか思ってたように着こなせない!!など、思ったことありませんか?それは洋服のデザインと、自分の体型があっていないのかもしれません。

自分の体型に合う洋服を選ぶには、『骨格スタイル診断』がオススメです。『骨格スタイル診断』とは、身体の厚みや骨の太さ、筋肉の付き方などから診断する方法で、ストレート、ウェーブ、ナチュラルの3つに分けられます。

正しくは「骨格スタイルアドバイザー」の方に直接診てもらうことが確実ですが、簡単な特徴と似合う服をご紹介していきます。

・ストレート
腰の位置が高く、メリハリボディです。
太るときは上半身からおなかにかけて脂肪がつくリンゴ型となります。

ノーカラージャケットなどの襟の詰まったものや、ツイード素材、チュニックやドルマン袖などの上半身にボリュームのあるデザインを着ると太って見えてしまいます。タイトスカートやストレートパンツが似合います。

・ウェーブ
鎖骨が華奢に出ていて、バストトップや腰位置が低めです。
太るときはお尻や太ももに脂肪がつく洋ナシ型となります。

シンプルなデザインが苦手で、ツイードのノーカラージャケット、フリル付きのトップスなど上半身にボリュームのあるデザインやフレアスカートが似合います。

・ナチュラル
関節が大き目で筋肉や脂肪がつきにくいです。
太るときは全体に体が大きくなります。

身体にフィットする服やショート丈トップスを着るとバランスが悪く、ざっくりニットなどナチュラル系の素材で作られたものが似合います。

年をとっても太っても、骨格スタイルで似合うデザインは変わりません。自分の体型に合う服がわかると、心からおしゃれを楽しめます。ぜひご自身の体型に合うものを見つけて素敵になりましょう。

世界を考える 愛の世界 悟りの世界 喜びの世界!