妊娠による肉割れケア

元々体系がふくよかな方なので、あまり気にはしていなかったのですが、妊娠後期に入り食欲のコントロールが難しくなり、気がつけば太ももの付け根あたりや、下腹部に大量のヒビ割れができていました。

そのヒビ割れは日に日に幅が広がり、美容などに無頓着な私でもさすがにこれはちょっとまずいなと思い、ケアをはじめることにしました。ネットで検索しても、いいですよと謳ってはいますが、聞いたこともない、どこのメーカーかもわからぬ商品ばかりで、購入するのを躊躇っておりましたが、以前2人の妹が2人とも部活で十字じん帯を負傷し、手術をした時があり、その時の手術の跡が消えていたことを思いだし、どのようなケアをしたのか連絡をとりました。

そして2人ともバイオイルという商品を毎日傷に塗り、マッサージをしていたということでした。手術跡を消すことは厳しいと言われていたそうですが、今ではほぼ目立たなくなるまで改善されたとのことで、さっそく購入し試してみました。毎日、毎日続けることは手間がかかり、面倒ではありますが、根気よく続けました。

出産し、病院に入院している間は、母子同室の病院の看護師さんたちもスパルタの病院だったため、中々睡眠時間を取ることすら難しい状況でしたのでお休みしました。退院してからはお休みしていた1週間ほどを取り戻すつもりで、更に時間をかけて塗り込むようにしました。

1日大体朝に15分、シャワーやお風呂あがりに15分を3か月ほど続けました。産後3か月ぐらいした後は体系も少しずつ萎み、痩せてくる時期とは思いますが、急激な体重減少による皮のたるみも、マッサージのおかげかあまりなく、あれだけ目立っていたヒビ割れも、主人に見て確認してもらいましたが、目立たないと言ってもらえる程度に改善しておりました。妊娠中期からケアしている方もいらっしゃるときいて、早めの対処が必要で、気がついたときには物凄く手間のかかることだと実感しました。

妊娠線が薄くなるクリームが欲しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です